転職の目的をよく考えて仕事を探そう

北の大地でお仕事したい人のための北海道情報

このサイトについて

このサイトについて北海道に住んで8年になる埼玉県出身の看護師です。東京で知り合った私の旦那が北海道出身だったため、親の介護を機にUターンして北海道に移住してきたのです。私は札幌の総合病院にわりと簡単に転職ができました。今は小さな子供が二人いますが、休みの日毎にドライブやキャンプで北海道の自然を満喫しています。最初は移住に躊躇していた私ですが、北海道に来てよかったと思っています。この気持ちを北海道に憧れている皆さんに伝えたいと思います。

北海道のお仕事事情

北海道のお仕事事情

北海道へのU・Iターン転職情報

北海道にUターン、あるいはIターンで暮らしてみたいけれど、仕事がなかなか見つけられなくて、という人も多いようです。北海道全体が経済的には地盤沈下しているために、札幌以外の地方都市やその周辺市町村の経済状況は全国平均を大きく下回っています。給与水準も低いため、首都圏で仕事をしている人の場合は、北海道に移り住んで就職をすると大幅に年収が減ることを覚悟しなければいけません。

北海道の仕事事情

本州の都市部で仕事をしていた人が、北海道の地方の会社に転職した場合、確実に年収は下がります。職種や持っているスキルによっては、さほど年収が変わらない場合もありますが、一般的には下がると考えて間違いはないでしょう。また、地方では完全週休二日でない会社や就業時間の長い会社も多いので、場合によっては労働条件が今までより悪くなることも考えられます。
全国組織の会社であっても東京などの本社採用でない限りは、北海道地元採用ということで北海道の条件での採用となります。

北海道に何を求めるか

本州の都市部から北海道に転職をすると収入や労働条件が悪くなる可能性が大です。家賃などは東京より安くなりますが、冬期間の光熱費を考えるとさほど変わりはないかもしれません。それでも、北海道へのUターン、Iターン就職をしようと考えるのには、理由があるはずです。そこを十分に考えて納得した上で北海道での仕事探しをすることをお勧めします。
北海道に何を求めるかは、人によって違うと思いますが、豊かな自然と魅力ある環境の中での生活を求めている人が少なくないはずですから、仕事はあくまでも生活の糧を得るためと割り切って、プライベートな生活を充実させることがポイントとなるかもしれません。

それでも収入増を図るために

それでも、北海道の生活を満喫しつつ収入も今までと変わらないように、あるいは収入を増やしていきたいと考える人もいると思います。実際、北海道で生活している人が全員低収入で、割り切って私生活重視で暮らしているわけではありません。まず、自分の新たな仕事の中で収益を増加させる工夫や努力をしていくことで会社の収益も上がっていきますので、そのフィードバックを得ることが出来るはずです。また、他の人が持っていない資格やスキルを身につけて、自分の価値を高め社内の地位を高めていくことも収入増に繋がります。
あるいは、その上で新たなステージを求めて北海道内で転職をしたり、起業をすることも視野に入れていくこともできるはずです。まさに開拓精神で新たな仕事にチャレンジする道を選んでみましょう。