転職するなら北海道でも看護師は有利

北の大地でお仕事したい人のための北海道情報

このサイトについて

このサイトについて北海道に住んで8年になる埼玉県出身の看護師です。東京で知り合った私の旦那が北海道出身だったため、親の介護を機にUターンして北海道に移住してきたのです。私は札幌の総合病院にわりと簡単に転職ができました。今は小さな子供が二人いますが、休みの日毎にドライブやキャンプで北海道の自然を満喫しています。最初は移住に躊躇していた私ですが、北海道に来てよかったと思っています。この気持ちを北海道に憧れている皆さんに伝えたいと思います。

北海道で転職するなら看護師が狙い目!

北海道で転職するなら看護師が狙い目!

北海道へのU・Iターン転職情報

豊かな自然の北海道で生活をしたいという希望から、北海道へのUターン、Iターン転職を希望する人が増えています。しかし、北海道の仕事事情はなかなか厳しく、今までの給料よりも良い条件で転職先を探すのは難しい状況です。そんな中でも、他の人が持っていない資格やスキルを持っていることで、有利な転職が可能だということをご説明してきました。その一例として看護師の資格があります。

北海道でも看護師不足

全国的に医療従事者の不足は問題となっています。特に看護師不足はどの地域でも深刻なのですが、土地が広く過疎地の多い北海道では一層深刻さを増しています。毎年、看護師になる若者はいますが、その就職先はどうしても、総合病院や大学病院のある札幌市や旭川市などの都市部に集中してしまいます。中には、北海道から東京をはじめとする首都圏の病院へ就職を希望する若い看護師もいるようですので、ますます北海道の地方の病院では看護師の確保が難しくなる状況なのです。

求人は少ないけれど、転職はしやすい

そういった看護師不足の背景がありますから、北海道での看護師の就職や転職は比較的容易です。ただし、地方では病院自体が少ないこともあり、看護師の求人も少なめではあります。その代わり、募集の条件はゆるく未経験者やブランクのある人でもOKというケースや、病床のない診療所などで日勤のみの募集など、自分の経験や希望する勤務形態にあう求人を探しやすいですし、就業の条件について調整が可能なケースも多いのです。
また、看護師の勤務年数も5~6年と比較的短いので、ライフスタイルに合わせて転職をする人が多いことが推測されます。北海道内でも若い頃は札幌などの都市部で看護師をして、結婚や出産を機に自分の生まれ故郷の地方へUターンして地元で看護師の転職をする人も少なくないようです。

看護師求人の探し方

北海道での看護師求人の探し方としては、ハローワークがメインで、加えて看護協会のナースセンターや各病院のホームページなどから探すのが一般的と言われています。そして最近主流となりつつあるのが看護師求人情報サイトの活用です。従来は都市部が中心でしたが、最近は地元密着型のものが増えてきています。
目当ての求人を見つけたら、直接問い合わせてみたり、周りの人の評判を聞いてみたりしながら、本当に自分にあっているか確認してみましょう。北海道には、看護師再就職のためのサポートを実施している病院もたくさんありますので、ブランクがあって心配な方も病院のサポートが期待できます。